木材保護施工

木材の劣化を防ぎ、木材の美観を蘇らせる

外部の木部は、廃棄ガス・紫外線・酸性雨・カビ菌など、さまざまな要因で劣化してしまいます。
しかし、木材には優れた特徴があり、環境に応じた適切な洗浄を施すことでほとんどの場合、新しく綺麗な状態に蘇ります。

具体的には、カビ除去・アク抜き・シミ抜き・研磨といった作業を行います。 ただし、木材の種類(針葉樹・広葉樹)や周辺環境に応じて洗浄剤を適正にコントロールする技術が必要不可欠です。

誤った洗浄剤を使うと、木材表面の細胞を傷めてしまうことになりかねません。

弊社では、「劇物」と呼ばれる洗浄剤は使用いたしません。環境マネジメントの必要ない適切な洗浄方法で、木材を蘇らせます。

紫外線への対策

人間の皮膚と同様に、紫外線の波長は木材表面にも悪い影響を与えてしまいます。
そのため、経年劣化した木材は、木を白華させてその温かみを失わせるだけでなく、表層の細胞機能が劣化し、トゲやささくれ発生の一因にもなります。

当社では、木材保護塗料の全てに紫外線波長(UVA・UVB)の拡散対策をおこなっています。
拡散対策を行うことで、一般の保護塗料よりも飛躍的に耐候性を向上させることに成功しています。

吸水防止と割れ対策

当然ですが、木材は雨などの水を吸収する性質を持っています。
水分が木材に浸透し乾燥を繰り返す過程では、木材表面の乾燥が早く、内部の乾燥が遅れ、内部と表面でひずみを起こしてしまいます。その結果、反りに繋がり割れにつながります。

当社の保護塗料は、一定の膜で木材をコーティングし、外部からの吸水を防止します。ただし、コーティング後も空気を通すため木材が持つ調子性は損ないません。
水の浸透を防ぐことは汚れの浸透も防ぐことに繋がり、汚れ防止(防汚)を実現しています。

塗膜の剥がれ対策

塗膜で木材の劣化を防いだとしても、数か月で塗膜が剥がれたら元も子もありません。
木材は建材の中では表面硬度が柔らかい部類に入ります。さらに、表面に動きがあることで適切な性質を持った塗膜でなければすぐに剥がれを起こしてしまいます。

当社の木材保護塗料は、剥がれ防止対策をしっかりと行っています。
木材の動きに追随し、密生を高める設計をしていますので、塗膜型塗料の欠点である剥がれを防止しています。

柔軟な施工と高いメンテナンス
性を持つ塗料

当社の保護塗料はクリア・透明な塗膜です。木材保護塗料の中には顔料を混ぜることで着色をすることが多々ありますが、顔料を混ぜた塗膜では木の風合いで大切な木目を生かすことが難しくなります。
そのため、当社では浸透系の着色塗料の上にコーティングを行うことも可能な設計にしています。
木目を生かし、色を選択する自由さを残しながら長期に渡り木材を保護する事ができます。

また、施工後数年経過した際のメンテナンスも重要です。メンテナンスの度に強い薬品を使って塗膜の剥離を行うことはあまり効率的ではありません。
当社の木材保護塗料は、比較的簡易な作業で素地調整を行い上塗りをすることができます。そのため、メンテナンスの際も比較的安価に対応することが可能となっています。